QUALITY高耐久・高耐震住宅

高耐久・高耐震住宅
全棟地盤調査+壁量計算の実施により、地震に強い家を実現

地震に強い!緻密な構造計算に基づき厳しい耐震基準をクリア!

EXY(エクシィ)は、建築基準法で定められた【極めて稀に(数百年に一度程度)発生する地震による力(建築基準法施行令第88条第3項に定めるもの)に対して倒壊、崩壊等しない程度】の耐震強度を確保しています。

一棟一棟、正確な“構造計算”に基づき、確かな耐震性能を実現!

住宅は、一棟、一棟、立地条件や間取りが異なりますので、丈夫な家を建てるには、個別に正確な構造計算が必要となります。

通常、木造二階建て以下の建物は、構造計算書の提出義務がないのですが、ハーバーハウスでは上記の理由から、社内に専任の構造計算スタッフを有し、全棟【構造計算書】を作成、金具1本一本に至るまで確認・検証しています。

手間もコストもかかりますが、構造計算で安全性を確認しなければ、柱の位置、寸法、梁の大きさなど決めることができず、必要な耐震基準を満たすことができないからです。

地震荷重はもとより積雪荷重や風荷重までも考慮し、地震や風雪に耐える安全・安心な住宅をお届けしています。

ここまでやる!ハーバーハウスの地盤改良(柱状改良の例)

地盤に不安がある場合は、的確な地盤改良により、安心できる住まいをご提供しています。


  • 施工箇所(新潟市Y様邸の例)


  • 地中深く穴を掘ります


  • コンクリート状の柱を立てていきます


  • 施工後の状態

強い家づくりのために、全棟地盤調査実施

地盤品質20年保証

ハーバーハウスでは、地盤調査・解析の専門企業であるジャパンホームシールド株式会社との連携により、地盤調査・地盤解析に基づく地盤改良工事を実施、20年間にわたり不同沈下しない地盤品質を保証します。

頑強な家を造る“剛床工法”

1階、2階ともに、910mmピッチで縦横に張り巡らせた構造材に、24mm厚の構造用合板を直接貼ることで、ねじれを押え、一般的な在来工法の数倍の強度を実現しています。


  • 910mmピッチの構造材


  • 2階部分


  • 床断熱材のうえに分厚い構造用合板を施工

丈夫で長持ち基礎パッキング工法

EXYは、基礎と土台の間に基礎パッキンを挟み込み、床下の換気を促すシステムを基礎パッキング工法を採用。
床下の換気性能を大幅にアップ、結露やカビを発生しにくくするとともに、土台を基礎から離すことで土台の腐敗を防ぎます。

EXYへ戻る  > ギャラリー(施工事例)を見る  >